若者定住住宅

木の郷ぽっかぽか
このアパートは、若者が地元に定住することを目的として旧飯南町が事業主体となり、松阪飯南森林組合が施工管理し建設した。メゾットタイプの5世帯木造アパートです。

地域の檜無垢材をふんだんに使用した、ロフト付きメゾットタイプの木造アパート(3LDK)で、1階はLDK、2階は将来間仕切りのできる洋間となっています。

名称 : 若者定住住宅
場所 : 松阪市飯南町粥見
事業主体 : 旧飯南町
建築物 : 木造アパート(5世帯)
面積 : 81.56㎡ (24.71坪)×5世帯
外観はメゾット風のアパートで、内装は地域の檜無垢材をふんだんに使用した”木の香りいっぱい”の木造住宅です。
床や建具も柔らかな色合いの檜無垢材で作られ、明るく落ち着いた柔らかな木を活かした内装となっています。
広い空間と将来の家族構成の変化も考え間仕切りの出来る部屋など、若い方の住みやすさを考え建設されました。
対面キッチン&リビング : 床も檜無垢材 居間 : 檜無垢材の柔らかな空間 2階洋間:使いやすい広い空間
      
檜無垢材のドア 将来2部屋に仕切れる洋間 押入の中も杉材で・・・ 和室:大きな収納を備え